権利と面倒にあこがれるゲーマーたち

ここ何年かの本番の主流といえば、設置ワールド、サバイバル、サンドボックス、クラフトの4つがもちろん際立つ。
GTAなんかを筆頭に、昔から残る種別だけれども、マインクラフトなんかはじわじわと看板を伸ばし、今はあのドラクエさえもが系統を取り入れたりしてついに一般的な種別へと変わりつつある。レゴのようなワールド感覚で自分でワールドをクラフトしていく。

端末本番ではどうにか落ち着いたといえ、上記の4つを賢く一部始終入りさせたポストアポカリプスと呼ばれる本番が看板。
もう至高と当てはまるFallout関連に、ゾンビサバイバルのDayz、H1Z1等も人気で、変り種としては極寒のワールドや海底でサバイバルを楽しむ製品も居残る。

どの本番も共通しているのは圧倒的に権利で、圧倒的に不都合なフロアです。
方針と目論見は与えられるが、そのほかには何もない。
本番内で実現できる原野とはいえ娯楽がとれるが、そこまでは何も無く、どうしても不都合な地位から暗中模索で権利を受け取るという箇条で共通して要る。

一昔前の本番は与えられたストーリーを楽しんで行くのが主流だった。
そこは何しろ非真相へのあこがれとか空想とかそんな楽しみ方だったと思うけれど、今のこれらはそっちも選手に任せてある。
真相もそういった流行はあるけれど、つぎつぎできることは見えるのに、権利というものを求めてしまうのは、ほとんどいくらでも真相が不都合になっているって時なんじゃないかとふと思ってしまった。

こんな今年は3DVR本番元年とも言える年になるわけで、これから戻ってこれない者が生まれてきてもおかしくないんじゃないかなと、
海底をサバイバルしながら思ってしまった。http://wikitree.jp/