関数の範疇づけってシリアルデータの行為において

関数のバリエーションづけなどに関しまして実践しました。指定したセル範囲で、特定のセル番地の値打ちが降順(逆順・大きい順)ないしは昇順(オフィシャル順・悪い順)で何番目になのかというバリエーションを貪るには、RANK関数を使います。伸び率は、考察の対象となるデータベースが、すでにある成果に対してどのくらい増減したかを見極める目的で利用されます。指定したセル範囲の中で、大きい枚数を探し求めるにはLARGE関数、狭い枚数を待ち焦がれるにはSMALL関数を使います。表思索ソフトでは、日程やスパンに対するデータベースを枚数として記録します。このため、日程どうしを引き算してタームを計算するなどの思索が可能です。日程やスパンを枚数で表現したデータベースをシリアル値打ちといいます。シリアル値打ちは連続した枚数のことです。表思索ソフトは、期間日時分秒と各自ごとの違う値打ち(スパン)を枚数という形式で一貫して取り扱っています。このようなこと覚えましたが、久しぶりにPCを使う実践をやったので懐かしかっただ。