お互いに相手を思いやる運転を心がけましょう

車を運転していて、また同乗していて、危険を感じたこと、ヒヤリとしたことありませんか。連日、ニュースや報道番組で、危険運転や運転中のトラブルが報道されています。急な割り込みやあおり、信号無視、車間距離など、気になる運転をされている方がいます。また、高速道路でのスピードの出し過ぎ、方向変換の際、方向指示器を出さずに運転するする方もいて、急なブレーキが必要な場合もあります。朝晩、通学時間帯など、子供の飛び出し、横断歩道ではない所を渡る高齢者も多く見られます。他にスマホを操作しながら車を運転をする方や自転車に乗ったり、ひげをそったり、化粧をしながら運転する方もいます。運転しながらですので危険な行為です。それだけだなく、見苦しいと思いませんか。運転する方、一人ひとりが十分に気を付けなければいけないことです。事故を起こしてからでは遅いです。相手を思いやり、心と時間に余裕をもってハンドルを握りたいものです。アイフル 窓口