私の引越したい場所(都心部を離れたバージョン)

上京して早5年が経ちます。
好奇心の赴くままに、都内の色々な所へ足を運びました。その中でも年齢によって心地の良い場所が変化してきたのを感じています。
25歳くらいまでは渋谷や原宿、新宿といった、モノや人で溢れかえっている場所に、意味もなく身を置いていました。エネルギーが有り余っていたように思います。
20代後半になると、恵比寿、銀座、日本橋、表参道、代官山・・・といった、なるべく人がいないエリアを好むようになりました。
今もそういった場所で過ごすことも大好きですが、自然を求めるようになりました。
海や緑が近くにある場所に住み、ランニングやサーフィンをして日常を過ごせたら最高だなぁと思うのです。
朝起きてサンライズを見てパワーチャージします。そして太陽の陽を浴びながら、海沿いをランニングし、お気に入りのカフェで美味しいカフェラテを頂き、気心知れたスタッフの方と談笑。(最高)
そして夕方はサンセットを見ながら今日も一日ありがとう、と感謝の想いに包まれながら沈む夕陽を見て、愛する人の帰りを待ちます。(最高)漢生爽楽 防風通聖散

割とスムーズに進んだ娘の七五三の写真撮影。

今月始め、2歳の娘の七五三の写真を撮りました。
11月は間違いなく混むだろうと考えて、写真撮影だけでも早めにしようと思ったからです。
3ヶ月の赤ちゃんのお宮参りの写真撮影も兼ねていました。

洋服と和服の2つの衣装で撮影でした。
洋服は何故か選びたがらず、私と、一緒にきていた義理母の二人で選びました。
和服は、可愛いウサギ柄の服を自分で選んでいました。
髪の毛をセットするために、娘が担当者と別室へいきます。
何か悪さをしないかとか、私がいなくて不安ではないかと心配していましたが、部屋では担当者と楽しくお話していました。

着替えと髪の毛のセットが終わって出てきた娘は、言葉に出来ないくらいかわいくて、ちょっぴり大人になった感じがしました。
お化粧をしているからでしょうか。
良くここまで大きくなったなと、こっそり涙目になりました。

撮影も、とてもお利口さんでした。
赤ちゃんもほとんどぐずらず撮影が終わったので、助かりました。
親孝行な子供たちで良かったです!

今日は吹雪でどこも行きたくないけどしょうがない

今日は吹雪いていてどこにも行きたくないなと思いましたがお仕事があるのでお仕事に行ってきました。この時期はお客さんが多いので凄く忙しかったです。行き帰りが私は歩きなのでしんどかったです。マフラーも手袋も帽子もしているのに全身が寒くて本当にこの時期は辛いです。道も吹雪いていたので前が見えなくて大変でした。仕事は嫌だけど暖房があるのでそれだけが救いです。家に帰ってきたのですが冷蔵庫の中は何も無くて買い物に行かなければならなかったのが辛かったです。今日じゃ無くてもいいのになと思いながら近くのスーパーまで買い物に出掛けました。あたたかい物が食べたかったのでお鍋の材料を3日分買って帰ってきました。帰ってきてお鍋とビールは最高の癒しです。近くに温泉でもあればもっと最高なのになと思いました。入浴剤をたっぷりと入れてお風呂に浸かりながら何度も追い焚きをして1時間ゆっくりとお風呂に浸かりました。寒いのは本当に嫌いです。